社団法人 名古屋工業会 ホームページ


平成25年度名古屋支部の“工場見学研修会”開催報告


 平成2637()、名古屋支部の平成25年度工場見学研修会を、参加者総数:25名にて開催しました。午前は愛知県武豊町にある中部電力㈱の「メガソーラーたけとよ」と「武豊火力発電所」を見学しました。メガソーラーたけとよは、ナゴヤドーム約3個分という広大な敷地(14m2)に約39,000枚の太陽電池パネルを設置し、発電出力:7,500kWという、非常に大規模な施設でした。また火力発電所については、浜岡原発停止の影響を受けて、廃止予定施設であった2号機を短期間で復旧させたという所員の方々のご苦労を、施設を見学させていただきながら説明頂きました。永崎所長自ら各所を説明頂きましたが、多様な電源のひとつとして太陽光発電を含めた再生可能エネルギー導入拡大を進めつつも、エネルギー安定供給に対しては火力発電所が非常に重要だという現場の生の声をお聞かせいただき、我が国のエネルギー政策に対するあり方をあらためて痛感させていただくものでした。

 昼食後は、中部国際空港にて「セントレアまるわかりツアー・滑走路見学コース」を開催しました。観光バスに乗ったまま、普段絶対に入ることのできない滑走路を1周するというこのツアーは非常に好評の様子で、これまでに約20万人の方々が参加したそうです。基本的にはバスの中からの見学ですが、一部の場所ではバスから降りて滑走路横の見学スペースにて、飛行機の離着陸を間近で見ることができるなど、迫力満載なものでした。見学研修終了後は恒例の浩養園で参加者一同、焼肉パーティで懇親を深めました。3月とはいえ最低気温:-1℃と非常に寒い一日でしたが、発電所・国際空港の見学を通して、中部地方の産業の発展を肌で感じることができた、非常に有意義な見学研修会でした。

記:多賀 茂(Y62