社団法人 名古屋工業会 ホームページ


2015年 名涛会 (名古屋工業大学空手道部OB会)総会


 名涛会は、関東・中部・近畿の3支部に分かれ、年1回各支部が持回りで総会を主催している。現役空手部の支援・名涛会の行事などを議題に会員相互の親睦を図るのが目的である。
 今年は関西支部が当番となり、2月7 〜8日に、奈良市内の旅館”むさし野”で行われた。7日土曜の夜はヒバの香りの湯で疲れを癒し、40歳から80歳近い幅広い層の先輩後輩(総員19人)が宴会で交わった。その後も、宿泊部屋の一室に集まり、夜更けまで近況や昔話、夢や希望、苦労などさまざまな話題に花を咲かせた。  
 翌日は、総会が持たれたあと、近くの国立奈良博物館を訪ね、古都奈良の歴史と文化に触れた。昼食を取ったあと、同博物館前で記念写真を撮り、来年も健在で再会を期しそれぞれ帰途についた。
                                                                                                                                    記:東 理(Es52)

 

空手道部