社団法人 名古屋工業会 ホームページ


岐阜支部 平成27年度総会報告


(一社)名古屋工業会岐阜支部の平成27年度総会及び懇親会を、平成27年5月9日(土)午後5時から岐阜駅前のホテルリソル岐阜に於いて開催しました。岐阜支部は四年毎の幹事制をとっており、今年度は建築学科が担当する最後の総会になり、気を引き締めて開催運営することにしました。

 例年通り総会前に支部活性化事業として講演会を行い、今年度は建築学科の幹事最終年に相応しく当大学の建築学科卒業生で㈱都市研究所スペーシア相談役である浅野泰樹(A52)氏に依頼しました。演題は『岐阜駅前の再開発について』と題し、総会前に1時間ほど講演していただきました。具体的には、岐阜市が全国でも再開発事業遂行有数の都市で、具体的事例として岐阜シティタワー43、岐阜スカイウイング37の再開発事業の詳細について説明されました。また再開発事業のしくみや資金などの概略をわかりやすく説明し、マンションなどが増え都心居住活性化による効果などを述べられました。更に今後の再開発事業の具体例なども説明され、興味深い内容の講演でした。

 一旦休憩した後、平成27年度岐阜支部総会を開催しましたが、今年度も名古屋工業大学長である鵜飼裕之氏に参加していただきました。最初に山中支部長(A34)より開会挨拶の後、来賓の鵜飼裕之名古屋工業大学長、続いて北村正副理事長と二杁幸夫常務理事に挨拶をしていただきました。鵜飼学長より大学の現状と課題について、北村副理事長と二杁理事より(一社)名古屋工業会の現状と会員対応や広報など今後の事業内容についてお話しされました。その後、総会議事5議案を上程し、報告・協議の後に滞りなく議決していただき、議事を終了しました。総会終了後に参加者全員で集合写真を撮影し、引続き懇親会を行いました。岐阜支部の参加者は概ね横ばいで、高齢者の参加が減る一方で若い方の参加が少しずつ増えており、更に魅力や意義を高めていく必要があると考えています。

記:田中 清之(A54)

講演会の様子

講演会の様子

 

 

鵜飼学長の挨拶

鵜飼学長の挨拶

 

総会終了後の集合写真

総会終了後の集合写真

 

懇親会の様子

懇親会の様子